主催者のご紹介

1974年生まれ。
山笠熱が高じて、2013年よりnanoblockを使った山笠の作品制作を開始。
ビルダー界隈の中で、博多ネタをメインに制作する独自路線を歩む。
「nano山笠は博多ではかなり受けるのに、東京ではホントに受けが悪い」とぼやきながら、懲りずに博多ネタの新作を制作。
「nanoblock award 2015」にて、上川端通の飾り山で優秀賞を受賞。野望は”nanoblockの祭典で博多ネタで上位受賞し、
達人称号を得る”こと。実は山笠ナビ(https://hakata-yamakasa.net)の編集長。山笠&博多ネタが多いのは当然といえば当然か。

関連記事

TOP